INFORMATION

常世書房とは


弊サークルは東方Projectの二次創作小説の執筆活動を中心に行っております。
その他の活動として小説の校正も行っております。

更新記録

2019-04-14
例大祭の新刊サンプルを公開しました。
2018-12-27
C95のおしながきを公開しました。
2018-12-25
C95の新刊サンプルを公開しました。
2018-10-02
第五回秋季例大祭の新刊サンプルを公開しました。
2018-08-06
C94のおしながきを公開しました。
2018-07-27
C94の頒布情報を追加しました。
2018-06-19
第五回秋季例大祭に申し込みました。
2018-06-19
夏コミに当選しました。
2018-05-09
第十五回博麗神社例大祭の委託に関して。
2018-05-03
第十五回博麗神社例大祭の頒布物情報を更新しました。
2018-04-29
第十五回博麗神社例大祭の頒布物情報を更新しました。
2018-04-18
第十五回博麗神社例大祭の頒布物情報を更新しました。
2017-12-03
第十五回博麗神社例大祭に申し込みました。
2017-11-19
HPデザインの一部を変更しました。
2017-10-22
秋季例大祭の新刊の委託に関する情報を更新しました。
2017-09-30
秋季例大祭の新刊サンプルを公開しました。
2017-09-17
活動記録を更新しました。
2017-06-11
活動記録を更新しました。
2017-06-10
ホームページを開設しました。

活動記録

第十六回博麗神社例大祭の新刊サンプル公開!


例大祭無事スペースをいただきました。常世書房は『に36b』です。
新刊、『少女留年倶楽部~素敵なキャンパスで暮らしましょ~』を頒布予定です。
B6サイズ、62頁、頒布価格は500円です。
今回は、「すずだんご」の土露団子さんとの合作の作品となりました。去年の6月あたりから案を練っていたので、かれこれ10ヶ月近くかけた本です。時間をかけた分、よりよい本になっていると思います。
新刊のイラストは欅ちまきさんに描いていただきました。表紙、挿絵、本文背景まで手がけてくださり、蓮子とメリーの二人の距離感とかけあいを再現してくださりました。ありがとうございます!
イベントが近くなりましたらあらためてお品書きと合わせて告知します。
下記の表紙イラストから本文サンプルに飛べます。



冬コミのおしながき


冬コミのおしながきです。新刊『宇佐見蓮子と取り残された日常』は800円、既刊は『秋の声に耳を澄ませて』、『私は貴女に恋をしている』、『二人の幻想日誌』を持ち込む予定です。新刊は手製の本ということもあり、書店委託、再販が難しい本となりますので、気になる方はこの機会にお願いします。当日は色紙も何点か並ぶ予定です。お楽しみに。
当日は寒さが予想されますので防寒対策をしっかりしてイベントに挑みましょう!
うーさみ。



冬コミの新刊


新刊のタイトルは『宇佐見蓮子と取り残された日常』です。
あらすじ
12月9日、蓮子は鴨川で『手記』と書かれた和装本を拾う。
その日は秘封倶楽部結成の日から一年という大事な日だというのに蓮子はすっかり忘れていて、メリーは怒ってしまう。
しかし翌日、メリーに会うと奇妙なことに上機嫌で……。
サンプルページはこちらからどうぞ


今回の本は和綴じ本です。一冊ずつ、手作業で製本しているため書店委託と再版が難しい作品です。ごめんなさい。
在庫が残っている限りは次回のイベントにも引き続き持ち込みますが、基本的に売り切れ次第終了となります。
A5サイズ和綴じ本二段組み36頁、頒布価格800円となります。
『2日目東地区モ-45b』にてお会いしましょう。

第五回秋季例大祭の新刊


入稿が済みました。今回も不備が無ければ新刊があります。今回は水彩でイラストを描く蒼衣さんと合作作品となります。
新刊のタイトルは『秋の声に耳を澄ませて』です。絵本仕立ての小説本で、全ページにフルカラーの挿絵がつきます。
東京の実家に帰る蓮子と強引についていったメリーが東京の外れに行き、残された自然を満喫するお話です。水彩絵の具で描かれたやわらかい蓮子とメリーのイラストと一緒にお楽しみください
B6サイズフルカラー本。20頁で500円です。こ34aでお待ちしております。
画像をクリックするとサンプルページに飛びます。通販ページはこちらからどうぞ



夏コミのおしながき


夏コミのおしながきです。新刊『私は貴女に恋をしている』は500円、既刊はそれぞれ1,000円となっています。新刊、既刊ともにカバー付き文庫サイズです。新刊はいつもよりもページ数が少ないので値段はいつもより抑えめです。既刊に関しては、部数が少なく今後増刷する予定はないので気になっている方はお早めにどうぞ。当日は色紙も何点か並ぶ予定です。お楽しみに。
当日は台風やら熱中症対策など色々と大変ですが、お会いできることを楽しみにしています。
暑すぎる夏を秘封小説で乗り切ろう!!!



夏コミの新刊


無事入稿することが出来ました。新刊のタイトルは『貴女は私に恋をしている』です。表紙のイラストは茅ヶ崎みふらさんに描いていただきました。
あらすじ
蓮子は、ある日ネットの掲示板で午前零時に鳴る電話ボックスの都市伝説の書き込みを見た。興味津々の蓮子は、メリーを誘って電話ボックスのある山奥に向かうが……。
秘封倶楽部の活動を通してお互いに思いを寄せる蓮子とメリーのお話です。
カバー付き文庫サイズ70頁で500円です。いつもよりページ数が少ないのでお値段もいつもより低めです。
1日目東地区【ナー35b】でお待ちしてます。
画像をクリックするとサンプルページに飛びます。通販ページはこちらからどうぞ



第五回秋季例大祭に申し込みました


秋例の頒布物は、蒼衣さんとの合作で見開きページで片側に小説、もう片方に挿絵という絵本のような小説を作ります。とても豪華です。
初めての試みなのでいろいろ試してみようと思います。フルカラー短編小説お楽しみにー



夏コミの頒布物情報


ちゃっかりC94に申し込んでました。まさか受かるとは思っていなかったので少し焦ってます。
予定通り原稿が仕上がれば秘封倶楽部の百合小説を当日頒布します。
スペース番号は【ナー35b】です。既刊も持ち込む予定です。それではよろしくお願いします。



第十五回博麗神社例大祭の委託情報


例大祭で頒布を行った「二人の多世界観測」がメロンブックス様で委託が開始されました。
そして、秋例で頒布を行った「二人の幻想日誌」の取り扱いも再開しました。
二冊合わせて楽しんで下さると嬉しいです。
こちらからお求めいただきます。

第十五回博麗神社例大祭のおしながき


例大祭のおしながきです。当日は既刊と新刊、合同を頒布します。こちらの頒布価格は1,000円です!
そして今回は蒼衣さんが色紙を描いてくださりました! こちらは3,000円です!
当日お会いできることを楽しみにしてますー。よろしくお願いしますー



第十五回博麗神社例大祭の頒布物の追加情報!


お待たせしました。予定していました秘封倶楽部の短編小説が入稿出来ましたので報告です!
蓮子とメリーがもしかしたら、あったかもしれない別の世界での二人の出会い方について雑談をしながら考えるお話です。
蓮子の一人称、メリーの一人称と二通りの邂逅の短編を収録しています。二人が秘封倶楽部として活動を始めるきっかけは一体……?
表紙イラストは茅ヶ崎みふらさんに描いていただきました。
カバー付き文庫サイズ、百二十二頁、頒布価格は千円です。
画像をクリックするとピクシブのサンプルページに飛びます。



第十五回博麗神社例大祭の頒布物を情報について


例大祭無事スペースをいただきました。常世書房は『ち36a』です。
今回頒布する東方クソネミおふとんスヤスヤ合同は、イラスト、漫画、短編小説が収録されています。
カバー付き文庫サイズ、百二十四頁、頒布価格は千円です。
参加者一覧
Az、Ell、茅ヶ崎みふら、赤城のく、紅娥、苗洲烟
画像をクリックするとピクシブのサンプルページに飛びます。



第十五回博麗神社例大祭に申し込みました


2018年5月6日開催の博麗神社例大祭に申し込みました。サークルカットはmiri様に描いていただきました。
今回は合同を企画しています。東方クソネミおふとんスヤスヤ合同という、東方キャラがクソネミに負けてしまうのがテーマです。
合同の内容はイラスト、漫画、小説で構成予定です。詳細は後ほど特設ページでお伝えします。
他にも秘封倶楽部の邂逅と結末をそれぞれ描いた短編集を頒布予定です。



おしゅしおうこく様の作品に関するおしらせ


弊サークルのサークルカットならびに挿絵を担当してくださっている「おしゅしおうこく」様がメロンブックス様で委託販売を開始されました。
とても可愛らしいイラストを描く方です。詳細はこちらから。

弊サークルの委託販売に関して


第四回秋季博麗神社例大祭で頒布した『二人の幻想日誌』をメロンブックス様で委託販売させていただくことが決まりました。 詳細はこちらから。

第四回秋季博麗神社例大祭の頒布情報


10月15日開催の秋季例大祭にて無事スペースをいただくことが出来ました。
常世書房は「た33b」です。無事完成しましたら秘封倶楽部の短編小説を頒布します。装画はmiri様に描いていただきました。
『二人の幻想日誌』頒布予定:短編を3つに掌編を2つ収録した100頁、カバー付き文庫サイズ。頒布価格、千円。
画像またはこちらをクリックするとサンプルのページに飛びます。

あらすじ


少女たちは日常に埋もれた幻想を綴る。
過ぎ去るばかりの日々に彼女たちは何を思うか。
日常に何も見いだせず、退屈だと一蹴するのか。
失われてゆく人々の営みに、思いを馳せるのか。
移ろいゆく日々を恐れ、時を止めてしまうのか。
永遠の様に感じる日常は、いつしか幻想となる。
これは、日常にありふれた儚さを綴った少女たちの日誌。

 

第四回秋季博麗神社例大祭に申し込みました

  
初イベント参加です。サークルカットはmiri様にお願いしました。   
無事受かりましたら、秘封倶楽部の短編小説を頒布します。



弊サークルの委託ページ

挿絵を担当して下さったサークル様

  • おしゅしおうこく
  • Liam

弊サークル利用印刷所様

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system